MENUCLOSE

日本プロパティソリューションズ – JPS –

お問い合わせ

プロパティマネジメントって何? ABOUT PROPERTY MANAGEMENT

ホーム > 事業内容 > プロパティマネジメント > プロパティマネジメントって何?
プロパティマネジメント(PM)とは、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって行う“不動産経営代行業”です。
不動産に関わる定型業務を請負うのではなく、一棟一棟の物件それぞれの事情に合わせた真摯で親身なソリューションを提供し、
不動産経営全般をサポートする、いわば不動産経営のアウトソーシングです。
ビル収入増加策の提案、日々のビル設備のメンテナンス計画、コスト削減やバリューアップなどを図ることにより、
ビル収益の極大化がプロパティマネジメントの役目です。
01
POINT 01 不動産価値を最大化するために

プロパティマネジメント(PM)とは、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって行い、不動産の収益力・価値を最大化することを目的とする不動産経営代行業です。
ポイントは、不動産に関する定型業務を請け負うのではなく、一棟一棟の物件それぞれの事情に合わせ、真摯で親身なソリューションを提供し、不動産の経営全般をサポートする、いわば不動産経営のアウトソーシングだということです。
このように「所有と経営を分離」する流れは、一般の事業会社や個人のビルオーナーの間にも確実に広がっています。
立地と面積・賃貸条件だけで勝負できた右肩上がりの時代であれば、オーナー自らが不動産経営に関するあらゆる業務をご自身で対応することも可能だったでしょう。
しかし、不動産マーケットが目まぐるしく変動し、テナントニーズも多様化するにつれ、不動産経営そのものを一括して多くのノウハウを持つ専門家に任せることの必要性が高まってきています。
プロパティマネジメント(PM)は、こうした時代の変化に応える専門業務なのです。

不動産価値を最大化するために
02
POINT 02 ビルメンテナンス(BM)との違いは?

プロパティマネジメント(PM)とよく混同されるのが、ビルメンテナンス(BM)です。
ビルメンテナンス会社とは、ビルの設備管理・清掃・警備などの建物作業管理を行う会社の総称です。
これに対してプロパティマネジメントは、ビル経営に関する様々な業務をビルオーナーに代わって行う“経営代行業”です。ビルメンテナンス会社の選定や監督・指導の他、メンテナンスコストや管理仕様の検証・適正化もプロパティマネジメント業務の一つに含まれます。

ビルメンテナンス(BM)との違いは?
03
POINT 03 ビルのライフサイクルを全面的にサポート

「ビルを建て替えたい」場合は建築会社へ、「警備員の数を増やしたい」場合は管理会社へ、「テナントの賃料回収や日々のクレームの対応」は、オーナー自らが行う・・・等々。
そもそも、かつて我が国では大家さん(オーナー)が、これらの業務を自らこなしていました。
不動産の開発・建築・運用・売却といった一連の不動産サイクルにおいて、オーナーは自らの裁量と判断で不動産経営し、収益の極大化を図ってきたのです。
土地神話が崩壊し右肩上がりの時代が終わると、そこには不動産流動化の時代が待っていました。
流動化された不動産はこれまでとは比べものにならないスピードで不動産サイクルを回します。
不動産経営に豊富なノウハウと専門性が求められる時代になったのです。
プロパティマネジメントとは、一連の不動産サイクルにおいて、オーナーをサポートするサービスのひとつであるとご理解いただければよいと思います。
オーナーのご要望に応じて、開発・建築・運用・売却の各段階で、それぞれのスペシャリストが不動産経営をサポートいたします。

ビルのライフサイクルを全面的にサポートビルのライフサイクルを全面的にサポート

お問い合わせCONTACT

JPSへのご相談やサービス内容の確認について、
お電話またはメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。