お問い合せ

プロパティマネジメントで解決できることJPSが選ばれる理由とは?

  • プロパティマネジメントって何?

JPSが提供するサービス

  • プロパティマネジメント
  • アウトソーシング/コンサルティング
  • CRE戦略サポート
  • 開発・建築企画サポート
  • 不動産コンサルティング

プロパティマネジャーの独り言

プロパティマネジャーの日常を公私ともに綴ったブログ。

04 19

投稿者:
2019/04/19 18:22

2019/04/19
プロパティマネジメント部 A.K

先日コンビニでなんとなくタイトルに興味を引かれ、「脳に悪い7つの習慣」という本を買いました。「良い習慣」だったら購入まで至らなかったかもしれないと思うと、つかみの重要さを改めて実感します。余談ですが……、過去にタイトルで興味を持った本は「ボーダーを着る女は95%モテない!」でした。

本題に戻り、この本によると脳に悪い習慣は以下の7つ
①「興味がない」と物事を避ける
②「嫌だ」「疲れた」と愚痴を言う
③言われた事をコツコツやる
④常に効率を考えている
⑤やりたくないのに、我慢して勉強する
⑥スポーツや絵などの趣味がない
⑦滅多に人を褒めない

読み始める前、なぜ悪い習慣なのかと疑問だった「コツコツ」は、脳にとって否定語となる考え方「失敗しないように」「失敗するかも、したらどうしよう」や、脳のモチベーションを落とす考え方「そろそろ終わりだな」が潜んでいるからだそうです。同じく疑問だった「効率を考える」は、効率だけを求めていては独創性は生まれないとの事で、これは時と場合によるのかなと思いました。

また、姿勢が正しくないと認識を誤ったり記憶がなかなかできなかったりするそうです。小学校の教室の壁に貼られていた「姿勢は正しく」を思い出し、あれは脳的にも意味があったのかと気づき、もっと早く知っておきたかったと悔やまれます。

面倒くさいと言って楽な方へ流れがちな私ですが、日々の些細な言動が脳に影響している事を知り、これからは少し意識してみようかという気になりました。小説や雑誌以外の本を買うのは久しぶりでしたが、たまにはこういう本も良いですね。

Tags:
このブログにはカテゴリがありません。