お問い合せ

プロパティマネジメントで解決できることJPSが選ばれる理由とは?

  • プロパティマネジメントって何?
  • 不動産の活用
  • ビルメンテナンスとの違い
  • 不動産サイクルの視点

JPSが提供するサービス

  • プロパティマネジメント
  • アウトソーシング/コンサルティング
  • CRE戦略サポート
  • 開発・建築企画サポート
  • 不動産コンサルティング

所有と経営の分離「所有と経営の分離」がもたらす不動産価値の最大化

プロパティマネジメント(PM)とは、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって行い、不動産の収益力・価値を最大化することを目的とする不動産経営代行業です。ポイントは、不動産に関する定型業務を個別に請け負うのではなく、一棟一棟の物件それぞれの事情に合わせ、真摯で親身なソリューションを提供し、不動産の経営全般をサポートする、いわば不動産経営のアウトソーシングだということです。このように「所有と経営を分離」する流れは、一般の事業会社や個人のビルオーナーの間にも確実に広がっています。立地と面積・賃貸条件だけで勝負できた右肩上がりの時代であれば、オーナー自らが不動産経営に関するあらゆる業務をご自身で対応することも可能だったでしょう。しかし、不動産マーケットが目まぐるしく変動し、テナントニーズも多様化するにつれ、不動産経営そのものを一括して多くのノウハウを持つ専門家に任せることの必要性が高まってきています。プロパティマネジメント(PM)は、こうした時代の変化に応える新しい専門業務なのです。

所有と経営の分離

ビルの売上/収入の最大化

不動産経営における収入とは、入居テナントからの賃料(賃料、共益費など)がその大部分を占めます。この収入を増加させることがプロパティマネジメントの目的のひとつです。
例えば、空室にテナントを誘致し、ビルの稼働率を上げるという、テナントリーシング(新規テナント誘致営業)。常に入居テナントのニーズを汲み取り、より満足の高いサービスを提供することで、テナントに長期間同じビルに留まってもらう、テナント流出防衛などがあります。この2つの業務は、ビル経営の中で重要なポイントとなります。

賃貸マーケット分析
テナントリーシング(新規テナント誘致営業)
テナントマネジメント(既存テナントとの関係保持)
テナントリーシング戦略立案
既存テナント流出防衛
賃貸条件交渉 他

ビルの日常業務/管理・運営

日々の業務として、入居テナントからの契約内容についての問い合わせや、クレーム、要望などの対応、またビルの管理経費についてコスト検証を行うこともプロパティマネジメントの重要な業務です。
例えば、ビルメンテナンス会社に支払う管理委託費や修繕工事費などは、ビル経営の管理経費の大部分を占めます。ここでも、単に管理委託費を削れば良いというわけではありません。いかにコストと品質のバランスをとるか、ビル経営の重要な課題であり、豊富なノウハウを必要とする分野です。

適正管理コスト・適正管理仕様の検証
テナント要望への対応 他
コストと品質のバランス維持

ビルの資産価値の向上・保全

競争力維持のためにビルのリニューアルやリノベーションなどの資産価値向上・保全は欠かせません。まずは、テナントのニーズや社会的要求を敏感にキャッチし、建物の価値が陳腐化しないよう適正な管理を行い付加価値をつけることを考えます。日常の修繕と計画的に行う保全工事には、バランスの取れた予算配分と将来を見据えた積極的な投資という観点が重要になります。また、工事の実施に際しては、入居テナントの日常業務への影響に十分に配慮し、工程管理や代替・補填策の提案を行うなど、工事請負会社にはないノウハウに基づいた、費用対効果の高い工事の企画をいたします。これも、プロパティマネジメントが担う役割のひとつです。

ビルの価値向上計画
リスク管理

効率的修繕計画
魅力あるビル機能の維持 他