お問い合せ

プロパティマネジメントで解決できることJPSが選ばれる理由とは?

  • プロパティマネジメントって何?

JPSが提供するサービス

  • プロパティマネジメント
  • アウトソーシング/コンサルティング
  • CRE戦略サポート
  • 開発・建築企画サポート
  • 不動産コンサルティング

事例集

 

建物新築時にビル運営管理の視点をプラス。ライフサイクルコストの削減と、優良テナントによるテナントミックスを実現。

お茶の水NKビル

所在地 東京都千代田区神田駿河台
実施期間 平成16年3月~平成18年2月
規模 SRC造・S造 地下2階 地上17階
1階診療所 2〜13階事務所 14〜17階 共同住宅
建築面積:1,025.81㎡ 延べ面積:15,675.26㎡

もともと複数のビルが建っていたもの(それぞれオーナー様が異なる)を解体し、共同で1棟のビルを新築、区分所有することに。竣工後のビル運営体制の構築とPM業務の実施、テナント誘致(リーシング)、区分所有者による管理組合の運営を含め、JPSに依頼されました。

リーシングの視点で建築計画にアドバイス

安定したビル経営の為に、優良テナントの誘致(リーシング)に向けた、共用部動線の提案と、機械警備システムおよび、ドアの施錠方法、設置位置(キーシステム)などセキュリティプランの提案を実施。竣工(工事の完了)と同時にテナント入居を実現させるため、綿密なスケジュールの設定を行うこともポイントになりました。

独自仕様の入札で、管理コストを削減

警備の人員配置、機器のメンテナンス仕様や点検回数の設定など、ビルメンテナンスに熟知したスタッフが、遵法性にも十分注意しつつ、入札によりビルメンテナンス会社を選定。機械警備システムにおいては入札仕様の決定と落札業者決定のアドバイスを実施しました。

共同ビルのキャッシュフローを明確化

共同ビルのため、管理組合の立ち上げ、組合規約の作成、所有区分の決定等の準備が事前に必要となります。それらを、各区分所有者のニーズを確認しながら、竣工までにスムーズに実施。さらに、管理組合としてのキャッシュフローを明確にするため、各所有区分ごとの予算の作成・収支管理の委託を受けています。

最適な賃料の設定

テナントリーシングを進めるにあたっては、周辺マーケットにおける賃料相場を調査し、ビル移動時点での賃料予測等の資料を作成し、各区分所有者の賃料設定をサポートしました。

ここがポイント